太陽光発電で利用する太陽電池の種類

太陽光発電に利用される太陽電池には、いくつかの種類が有ります。

現在太陽光発電で最も多く利用されるのは、結晶型のシリコン太陽電池です。

結晶型のシリコン太陽電池には、単結晶シリコン太陽電池、多結晶シリコン太陽電池、薄膜シリコン太陽電池などの種類が有ります。

この中でも太陽光発電設備で最も多く利用されているのが、多結晶シリコン太陽電池です。

多結晶シリコン太陽電池の特徴は、細かいシリコン結晶が集まったもので、単結晶と比べると省エネ的な製造が可能である事からも、製造コストを安く抑えることが可能になると言う特徴を持ちます。

また、変換効率が良いと言われています。


単結晶は、古くから有る太陽電池で、製造コストが高くなると言うデメリットを持ちます。

しかし、太陽光発電において重要視される変換効率は優れたものを持つ事からも、変換効率が必要とされる場合などに利用されるケースがある太陽電池の種類と言えるのです。

薄膜シリコン太陽電池は、結晶シリコンと比べると、とても薄いシリコンが利用されています。

これはシリコン膜が利用されているもので、結晶シリコンの約100分の1ほどの薄さになるものです。

薄膜シリコン太陽電池は、アモスファスシリコンや微結晶シリコンを利用して製造が行われています。

また、太陽光発電の設備としての利用価値もある太陽電池で、軽量で量産性が高い事からもコストを抑える形で製造が可能になると言うメリットを持つのです。

コストが安い分、販売価格も安くなると言うメリットを持ちますが、変換効率が少々劣るのが欠点と言えます。

しかし、環境によっては、十分威力を発揮してくれる事からも太陽光発電で利用されるケースが多くあるのです。

太陽電池は屋根の上に設置をして利用する太陽光発電の要となるものですが、屋根の上に乗せる太陽電池の重量が軽くなる事で多くの太陽電池を設置する事も可能になります。
この事からも薄膜シリコンの利用価値は高いと言えるのです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%AA%E9%99%BD%E5%85%89
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2011/0302/391513.htm?o=0
http://matome.naver.jp/topic/1Himy